【江戸前穴子でアナゴーメン】

 

横浜のサンマーメンに対抗して、羽田を有する大田区が作ったラーメンらしい(嘘。

冗談抜きで穴子を使った一杯を作ってみました。

 

築地城内をぶらぶらしていたら、穴子の仲卸さんから声を掛けられる。

 

「兄さん!こないだテレビに出ていたね!穴子でラーメン作ってみないかい?身を買ってくれたら

頭と中骨も付けるよ!」

 

あら。興味のある食材(笑。ということで購入に至る。

 

 

スープ素材は穴子のみ。

焼いた骨と頭をコトコト炊き、穴子白湯に仕立てました。

 

 

身は醤油と酒と味醂で煮て、トッピング用の煮穴子にしました。

煮汁に薄口醤油を加えてカエシにしました。

 

 

薬味はネギに山椒をパラリ。

穴子丼をイメージした甘めの仕上がりです。

食べた感じだと、改良の余地はあるものの、ちょっと可能性のある味に感じました。

 

 

このサイトにはコメント機能が無いため、コメント用ブログを用意しています。

この記事のコメントのされる方はコチラから↓

味探究 自作ラーメンの旅(Yahoo!ブログ)

 

 

 

 

→HOMEへ戻る