【豚骨と煮干で作る喜多方風ラーメン】

 

喜多方ラーメンっぽいものを作ってみました。

以前に録画していたテレビ朝日系列の【学びEye】秋のラーメン紀行 

喜多方ラーメン〜情熱の一杯ここにあり〜を参照に作ってみました。

 (2012年10月21日(日)福島テレビ制作)

 番組の映像から得られた情報は以下の通り。その中でまこと食堂っぽいものを作ってみました。 

■まこと食堂

・食材は豚骨、煮干

・野菜と鶏は使わない

 ・スープを注ぐ羽釜は1つ(動物と煮干スープを合わせている?)

・煮干しは濾し袋を使っている。

・チャーシュー、メンマ、輪切りネギ

■曽我製麺

・加水40%以上の多加水麺

・熟成多加水麺

・機械で縮れを付けて、麺切り後に手揉み

豚骨はコミガラです。

背ガラが中心で少しアバラが入っている感じでしょうか。

 

 

煮干しは青口の中才と大才を使用。

喜多方ではあまり白口は使用しないと聞いていたので、青口オンリーです。

 

 

スープはこんな感じでやや灰色に濁ります。

テレビで見るまこと食堂のスープもやや灰色掛かっていたので、エエ感じではないでしょうか。

 

 

チャーシューは豚バラ肉を使用しました。

スープで炊いた後に、薄口醤油に漬け込んで完成です。

 

 

チャーシューは自画自賛ですが、バッチリな仕上がりです(笑。

 

 

麺は麺遊記に加水42%で塩1%です。3.5ミリで切りました。

切った後に手揉みで縮れを付けます。

 

 

完成ですー!

美味しい一杯に仕上がりました。なかなかの再現度です。

 

■反省点

・麺が太い。(2mmでも大丈夫そう)

・チャーシューがやや食感が固い。(もう少しだけ煮込んでも良さそう)

・スープがやや強い。(もう少し動物系を薄目でも良いかも)

 

またチャレンジしてみたいと思います。

 

 

このサイトにはコメント機能が無いため、コメント用ブログを用意しています。

この記事のコメントのされる方はコチラから↓

味探求 自作ラーメンの旅(Yahoo!ブログ)

 

 

 

→HOMEへ戻る