【豚肉で作る豚清湯醤油ラーメン】

 

豚清湯にチャレンジしてみました。豚を主軸に使ったラーメンは数年ぶりかも知れません。

■目指したい一杯

・豚の香りと旨みが醤油と共存したシンプルかつ独創的なラーメン

・イメージとすると昔のロックンロールワンや、らぁ麺やまぐちのような「鶏と醤油」を「豚と醤油」に置き換えたラーメン

■ポイント

・豚は骨は使わず肉のみでスープを炊く。

・香味野菜等の臭い消しは全くしない。

・魚介食材は昆布のみ。(昆布は羅臼昆布)

・香味油も作らず、豚の背脂のみ。

・醤油タレは力強い濃口醤油を使用する。

■狙ったこと

・豚肉と昆布で旨みのあるラーメンに合うスープが作れるはず。

・背脂を使うことで豚の香りとコッテリ感も演出できるはず。

・力強い濃口醤油を使うことで、背脂の臭みやクセは抑えて調和がとれるはず。

 

豚は骨を使わず、肉のみです。

宮城の某HK店主からいただいた黒豚とSPF豚の筋部分。ハム工場で使用する高級豚肉で、

製品にならない部分を切り分けたものらしい。

 

こんな感じでふつふつと炊いていきます。

清湯にしたいので多少の濁りは気にしませんが、白湯にならないように気を付けます。

 

途中で羅臼昆布と豚の背脂を投入。

2時間ほど炊くと背脂は柔らかくなる。ただし、昆布のせいか背脂のゼラチン質が原因でスープに

粘度が出て、ややスープが濁る。

 

濃口醤油は和歌山県の角長醤油の「濁り醤」を使用。

和歌山の醤油らしい力強さと旨みを併せ持つ素晴らしい醤油です。

 

豚清湯醤油ラーメンの完成!

■衝撃の一言

・試食をした小学校1年生の娘に「この白い粒の脂が全てを壊してるね。」と言われました・・・。

・少々、刺激の強い感想でした・・・。

■所感

・背脂を甘く見過ぎていました

 

翌日、背脂の代わりに鶏油を使って作ってみると美味しい醤油ラーメンに仕上がりました。

 

豚清湯じゃないじゃん・・・(涙。

 

 

このサイトにはコメント機能が無いため、コメント用ブログを用意しています。

この記事のコメントのされる方はコチラから↓

味探求 自作ラーメンの旅(Yahoo!ブログ)

 

 

 

→HOMEへ戻る