【築地で仕入れた鮪骨で作る鮪郎】

 

 

先日、鮪骨を使った「鮪臭い」白湯を炊いてみました。

それには、ちょっとした考えがありまして・・・。

 

豚骨と豚肉と背脂で構成される「二郎」という食べ物。

 

それを鮪骨と鮪肉で再現が出来ないだろうか・・・と。その名も鮪郎「まぐろう」!

 

 

正直、半信半疑のチャレンジのため、オーション使った自家製麺などの本格路線ではなく、代替食材

で方向性を試してみることにしました。

 

そのため、麺は市販麺で、醤油も自宅で使用している丸大豆醤油。

 

 

 

二郎で言う「ブタ」の位置を、鮪の脳天で代用。

脂もあり、筋もあるので火を通すことで十分「ブタ」の代用品になってくれるはず・・・。

 

 

 

背脂の代わりに鮪の脂も検討したが、それこそ食べれる代物にならない可能性があると感じた。

 

そのため、鮪臭さ(≒魚臭さ)を抑えつつ油分を与えたいと考えていたら、とあるTV番組で豚骨

スープにマヨネーズを入れている地域のラーメンを紹介していた。

 

「コレだ!」と思い丼にマヨネーズを投入。

酢酸で魚臭さを抑えて、油でコッテリ感を醸し出す目論見!

 

 

 

そこに醤油を入れてみました。

 

うーん。どうなることやら。これに焼いたスルメを付けて食べたら美味しそう(笑。

 

 

 

スープはかなりの濃度です。

コラーゲンが浮いて表面で固まるくらいトロトロです。さて、こいつを合わせてみます。

 

 

 

マヨ&醤油に鮪白湯を合わせてみました。

なんだか不穏な空気が流れているのは気のせいでしょう・・・。

 

 

 

 

茹で上がった麺を入れて、モヤシを盛って、マグロを盛って、ニンニクを散らして、

 

 

「鮪郎」(まぐろう)の完成です!

 

 

感想は、

 

聞かないでください・・・。

 

もう少し掘り下げてみようという気にはならない一杯ですね。やはり下処理をして、清湯の方向で

調えていった方が良さそうです。

 

 

このサイトにはコメント機能が無いため、コメント用ブログを用意しています。

この記事のコメントのされる方はコチラから↓

味探求 自作ラーメンの旅(Yahoo!ブログ)

 

厳選した原料(なたね油、りんご酢、海の精、平飼い鶏の有精卵など)で作った自然体のマヨネー...

厳選した食材で作った「松田のマヨネーズ」
価格:458円(税込、送料別)

 

→HOMEへ戻る